鞄のマスミ鞄嚢

日々の鞄づくりについてお知らせします。
<< 革ボストンバック底貼り | main | 30年前の革トランク修理【後半】 >>
30年前の革トランク修理【前半】
0

    JUGEMテーマ:仕事のこと

     

    マスミ鞄嚢で作ったトランクが

    30年ぶりに戻ってきました。

     

    大事に使っていただき誠にありがとうございます。

    まだまだ使いたいというお客さんの要望で

    修理の依頼でした。

     

    まず、ボロボロになった本体を綺麗に吹いて乾かします。

    内装に貼ってある芯材は一回だけでは取れにくいので、

    この作業を繰り返していきます。

     

     

    外のところも綺麗に!

    ボロボロになってるパーツは取り外します。

    内部が綺麗になりました!!

    新しい革で角革を作って、コーナーに貼ります。

    その後ドリルで糸を通す穴を開けます。

     

    これでどんどん綺麗になっていきますね。

    新しい鞄を作るより修理するのがもっと難しいだそうです。

     

    まだまだ後半の工程もありますので、楽しみに待っててください〜

     

    「ずっと使っていきたい革トランク・アタッシュケース」は マスミ鞄嚢 

    「アルミケース・ジュラルミンケースのオーダーメイド」はアルミケースのマスミ

     

     

    | なつかしいもの  | 13:13 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする









    CALENDAR
    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << March 2018 >>
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENT
    • ゴム糊保存 すぐれもの
      やっこ (10/11)
    • イギリスタンナーが作ったブライドルレザ専用クリーム
      マスミ鞄嚢 (09/13)
    • イギリスタンナーが作ったブライドルレザ専用クリーム
      みき (09/13)
    • イギリスタンナーが作ったブライドルレザ専用クリーム
      マスミ鞄嚢 (09/12)
    • イギリスタンナーが作ったブライドルレザ専用クリーム
      みき (09/12)
    • NHK神戸ニュース 特集「豊岡鞄」出演しました2016.11.10
      細川 (11/29)
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE