鞄のマスミ鞄嚢

日々の鞄づくりについてお知らせします。
<< 30年前の革トランク修理【前半】 | main | ラストレシピー麒麟の舌の記憶 ‐映画にトランクが登場 >>
30年前の革トランク修理【後半】
0

    JUGEMテーマ:仕事のこと

     

    こんばんは

    革トランク修理【前半】の続きです〜

     

    ドリルで開けた穴に針を通して縫います。

    木を縫っていくのには糸では弱いので

    丈夫な組紐を使用します。

     

     

     

              【BEFORE/AFTER】  

    角革が綺麗になりました!!!

     

    その次は違和感がないように本体の革と一番近い色で

    何回も塗ります。

     

    内装もぴったり入るように

    きちんと寸法に合わせて裁断、縫製をします。

     

    もし、ずれたり、サイズが微妙に合わなかったりすると

    トランクの開き締めに影響がでるので

    慎重に貼っていきます。

     

           【BEFORE/AFTER】

     

    最後に綺麗な状態に変身しました。

    修理をしてまたこのトランクが現役にもどります。

    これからも長くお使いになってください〜

     

    「ずっと使っていきたい革トランク・アタッシュケース」は マスミ鞄嚢 

    「アルミケース・ジュラルミンケースのオーダーメイド」はアルミケースのマスミ

     

     

     

     

     

     

    | なつかしいもの  | 10:12 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする









    CALENDAR
    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << June 2018 >>
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENT
    • ゴム糊保存 すぐれもの
      やっこ (10/11)
    • イギリスタンナーが作ったブライドルレザ専用クリーム
      マスミ鞄嚢 (09/13)
    • イギリスタンナーが作ったブライドルレザ専用クリーム
      みき (09/13)
    • イギリスタンナーが作ったブライドルレザ専用クリーム
      マスミ鞄嚢 (09/12)
    • イギリスタンナーが作ったブライドルレザ専用クリーム
      みき (09/12)
    • NHK神戸ニュース 特集「豊岡鞄」出演しました2016.11.10
      細川 (11/29)
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE